登録証が見つかりません。どうすれば良いですか?

まずは、もう一度よく探してみてください。
刀袋の中や、鑑定書の封筒の中に入っていたり、タンスにしまい込んでいたりはしませんか?
どうしても見つからないときは、最寄りの警察署の「生活安全課」にご連絡頂いて、発見届の申請を行ってください。

まず、所轄の警察署の生活安全課に届け出をしてください。刀が何本、どこから見つかったかを報告します。その先は警察署の指示に従ってください。
刀を所持したいのか破棄したいのかを聞かれますので、所持したいとお伝えください。当日その場で、発見届けの書類(発見届け出済証)を作成していただきます。その後、警察から教育委員会文化財課に審査依頼書類が送られ、お客様のもとには数日後に各都道府県の教育委員会から封書で連絡が参ります。お客様はその支持通りに各都道府県の教育委員会に出向き登録証を交付して頂きます。
銃砲刀剣類登録証の交付にはあたっては、登録審査があり、決められた場所日時に、刀、発見届け出済証、印鑑、手数料(¥6,300)をご持参になり、その場所で交付して頂きます。尚、交付場所、日時については各都道府県により異なります。

登録証について

刀剣の所持・売却には「銃砲刀剣類登録証」が必要です。

銃砲刀剣類登録証の見本

一般に登録証と呼んでいますが、正式な名称は「銃砲刀剣類登録証」です。
この登録証は、銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)により定義されている「美術品として価値のある刀剣類(刃渡り15cm以上の刀、槍及び薙刀、刃渡り5.5cm以上の剣、合口)」または「美術品若しくは骨董品として価値のある火縄式銃砲等の古式銃砲」に対して、各都道府県教育委員会が鑑定し、交付されます。
持つ人の資格が問われる猟銃などの「所持の許可」とは異なり、刀や火縄銃の戸籍のようなものですので、どなたでも所有する事ができます。
大きさはハガキよりも少し小さいもの、若しくは半分くらいの大きさで、鑑定書とは別物です。

お売りになる際は、登録証がついているかをまずはご確認ください。お買取りには登録証が必ず必要です。交付を受けていない刀剣の売買はできませんのでご注意ください。
また、持込買取をされる際は、登録証のない刀剣類及び古式銃砲を持ち歩く事は違法となりますので、登録証はコピーではなく必ず現物を一緒に持ち運んで下さい。宅配買取の場合も同様に、登録証の現物を一緒にお送りください。

鑑定書について

鑑定書の見本

はじめに、鑑定書と登録証はまったく別物となりますので、そこからご説明致します。登録証は、教育委員会が発行する、銃・刀剣などを所持・売却・持ち運び等に必要となる小さい書類です。
一方鑑定書は、各鑑定機関が現物を精査し、銘が正真であるか否か、また無銘の場合は時代作者を推定し発行する証書です。証書の種類によっては、刀の出来や保存状態、学術的・美術的価値の高さが評価されるものもあります。

代表的なものは、公益財団法人日本美術刀剣保存協会が発行する証書です。証書としては、保存刀剣鑑定書、特別保存刀剣鑑定書、重要刀剣指定書、特別重要刀剣指定書の4種が発行されています。但し、同協会が昭和期に発行した貴重刀剣認定書、特別貴重刀剣認定書、甲種特別貴重刀剣認定書は、現在では再審査が必要で真偽を確証するものではありません。
またこれらの他に、日本刀剣保存会の鑑定書、法人美術刀剣鑑定倶楽部の鑑定書、そして個人では藤代松雄氏や得能一男氏の鑑定書などがあります。

買取り対象商品について

当店では刀剣類はどのような状態のものでもお買取りさせて頂いてます。
刀剣は、錆びているものや、傷のあるもの、拵や柄が壊れているもの、鞘がないもの、軍刀など、登録証がきちんと交付されているものであれば、全てお買取り可能です。
また、鍔、目貫、小柄、笄、縁頭などの刀装具や、拵、兜、甲冑、火縄銃などもお買取り致します。
(※模造刀や書籍、登録証が交付されていない刀剣類は買取りできません。)

2019年夏に銀座店を拡張し、鎧専門の展示スペースをオープンいたしました。
兜・甲冑などの買取には特に力を入れております。

大切な日本刀、古式銃、武具類を売却するにあたり、銀座に店舗を持つ当店ならではの安心・安全なお買取りをご提案させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

日本刀が錆びてしまう前に思い切って売却を

日本刀に錆びが出てしまうと研ぐのに高額な費用がかかってしまいます。一般的には一寸につき1万円位、常寸の刀1本だと23万円程かかってしまうことになります。

研がないでそのまま放置をしておくと、刀身に錆が深く浸透し、鑑賞刀としての価値を著しく下げてしまうことになります。錆が進行すると鞘から抜けなくなることもあります。そうなる前に日本刀を専門に買取をしている業者に売るのも一つの方法です。

買取に出すと決めたなら、納得いく価格で買取をしてくれる業者を見つけなくてはなりません。こういう時にこそ是非、銀座誠友堂にご相談下さいませ。失敗しない、後悔を残すことが無い、買取をさせていただきます。

当店では、買取だけでなく販売も行っているので、現在、所有をしている品を買取に出し、新しいものを購入するということも可能です。誠友堂にお任せください。日本刀が好きでたまらず店を出したと言う店主が、御客様の立場に立って査定いたしますので損をすることはありません。買取業者の中には、日本刀が全く判らず、専門性が無く正しい査定ができないというところも多々あります。注意が必要です。

誠友堂は国内最大級の日本刀専門店であり、実績も経験も豊富なので貴方の御刀を安心して売却することが出来ます。お店は銀座にあります。銀座駅に直結の施設なので大変便利にご利用いただけます。まずは、ウェブサイトをご確認いただき、お電話で買取のご予約をしてから御越しください。ご予約の時に、疑問に感じることが御座いましたら、ご納得がいくまでどんどん質問をしていただいて結構でございます。

日本刀は大切な文化遺産です。真摯に対応をさせていただきます。お持ちの刀にまつわる所縁なども分かる範囲でお伝えいたします。まず刀の現物を拝見させて頂くことで、どういう刀なのか、時代はいつのものか、現在の状況から推察できること、さらに現在の価値と、刀の人気度など査定を通じてどういうものなのか分かればその場でお伝えします。
皆様の御用命をお待ちいたしております。

最近の買取実績

  1. 2021.04.8

アクセス

〒104-0061
東京都中央区銀座5丁目1 銀座ファイブ 2階
営業時間:10:00〜19:00 (13:00〜14:00までは昼休みとさせていただきます)
定休日:年中無休
TEL.0120-210-007

古物商の皆様、ご相談ください