日本刀知恵袋刀剣のコラム

銀座 誠友堂 | 生野 正

持込買取

出張買取

宅配買取

交換品出品

委託販売

買取実績

お客様の声

日本刀知恵袋刀剣のコラム

漫画で解説 刀剣買取

古物商の皆様へ

銀座 誠友堂 | 日本刀・甲冑の買取 刀剣専門店

刀剣・古美術 誠友堂

【店舗】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-1
銀座ファイブ2階

【本社】

〒174-0063
東京都板橋区前野町1-33-7

全国刀剣商業協同組合

内閣総理大臣許可組合
全国刀剣商業協同組合組合員
財団法人 日本美術刀剣保存協会会員

東京公安委員会許可
第305560609500

アクセス

鑑定書について

はじめに、鑑定書と登録証は違うものですから、そこからご説明致します。
登録証は、前回説明しました通り、教育委員会発行の小さい書類です。
一方鑑定書は、各鑑定機関が現物を精査し、銘が正真であるか否か、また無銘の場合は時代作者を推定し発行する証書です。証書の種類によっては、刀の出来や保存状態、学術的・美術的価値の高さが評価されるものもあります

 

代表的なものは、公益財団法人日本美術刀剣保存協会が発行する証書です。証書としては、保存刀剣鑑定書、特別保存刀剣鑑定書、重要刀剣指定書、特別重要刀剣指定書の4種が発行されています。但し、同協会が昭和期に発行した貴重刀剣認定書、特別貴重刀剣認定書、甲種特別貴重刀剣認定書は、現在では再審査が必要で真偽を確証するものではありません。
またこれらの他に、日本刀剣保存会の鑑定書、法人美術刀剣鑑定倶楽部の鑑定書、そして個人では藤代松雄氏や得能一男氏の鑑定書などがあります。

ページトップへ戻る