銀座 誠友堂 | 生野 正

持込買取

出張買取

宅配買取

交換品出品

委託販売

画像査定

お客様の声

買取実績

日本刀知恵袋刀剣のコラム

漫画で解説 刀剣買取

古物商の皆様へ

銀座 誠友堂 | 日本刀・甲冑の買取 刀剣専門店

刀剣・古美術 誠友堂

【住所】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-1
銀座ファイブ2階

【電話】

03-3558-8001

全国刀剣商業協同組合

内閣総理大臣許可組合
全国刀剣商業協同組合 会員
東京美術刀剣商業協同組合 会員
全国美術商連合会 会員

東京公安委員会許可
第305560609500号

アクセス

著名刀工一覧

よくあるご質問

登録証が手元に無い場合どうすればよいでしょうか?
所轄の警察署の生活安全課に届け出をします。
警察署に刀と印鑑をご持参になり、発見届けの書類(発見届け出済証)を作成して頂き受け取り持ち帰ります。 次に、各都道府県の教育委員会に出向き登録証を交付して頂きます。登録証の交付にはあたっては、登録審査があり、決められた場所日時に、刀、発見届け出済証、印鑑、手数料(¥6,300)をご持参になり、その場所で交付して頂きます。

交付場所、日時については各都道府県により異なりますが、警察署で指示があります。

刀を所有するには資格や許可が必要ですか?
持つ人の資格が問われる猟銃などの[所持許可]とは異なり、刀剣類はどなたでも所有する事ができます。但し、登録証のない刀剣を持ち歩く事は違法となりますので、必ず刀剣と登録証は一緒に持ち運んで下さい。また、当店の販売商品にはすべて登録証が付帯しておりますので、ご安心ください。ご購入頂いた場合は、警察への届出は必要ございません。

必要な手続きは、各都道府県の教育委員会へ所有者変更届の葉書を出すことです。

刀剣を海外へ持ち出せますか?
証明書があれば持ち出せます。
登録されている刀剣は美術品なので、文化庁文化財保護部美術工芸課に申請を出して、国指定の文化財(国宝・重要文化財・重要美術品)に該当しない刀剣であることの証明証を交付してもらわなければなりません。(下記参照)
申請書と持ち出そうとする刀剣の登録証を提出しますと、約二週間後に証明書が交付されます。(遠隔地の方は郵送でも受け付けてもらえます。)持ち出そうとする刀剣とこの証明書を税関に提出すれば持ち出しは問題ありません。

詳しくは下記へ問い合わせ下さい。

文化庁文化財部美術学芸課 調査指導係
〒100-8959 東京都千代田区霞ヶ関3-2-2
TEL:03-6734-2887(直通)
FAX:03-6734-3821
刀剣を海外から日本へ持ち込むことは可能ですか?
空湾警察に申告して、持込み許可証を発行してもらいます。
この「持込み許可証」が発見届けと同じ役割を果たし、後は国内で発見された手順と同じ様に、最寄の教育委員会で審査を受けて登録証の交付を受けます。
ページトップへ戻る