日本刀知恵袋刀剣のコラム

銀座 誠友堂 | 生野 正

持込買取

出張買取

宅配買取

交換品出品

委託販売

買取実績

お客様の声

日本刀知恵袋刀剣のコラム

漫画で解説 刀剣買取

古物商の皆様へ

銀座 誠友堂 | 日本刀・甲冑の買取 刀剣専門店

刀剣・古美術 誠友堂

【店舗】
〒104-0061
東京都中央区銀座5-1
銀座ファイブ2階

【本社】

〒174-0063
東京都板橋区前野町1-33-7

全国刀剣商業協同組合

内閣総理大臣許可組合
全国刀剣商業協同組合組合員
財団法人 日本美術刀剣保存協会会員

東京公安委員会許可
第305560609500

アクセス

錆(さび)のある刀の買取について

「錆びた刀を研いでから買取りに出した方が、査定金額は高くなるのでしょうか?」

お客様からしばしばこの様なご質問をいただくことがあります。

 

そのような場合、私どもは刀の研磨代金についてお話をさせていただいています。刀の研磨にかかる金額をお客様に予想いただきますと、殆どの方は包丁を研ぐ料金に少し上乗せした位の金額をご提示くださいます。

 

しかし実際は、刀を研ぐには1寸(約3センチ)につき1万円、安い研ぎであっても5千円位は覚悟しなければなりません。ですから短刀で10万円~、脇指だと15万円~、刀で23万円~程となり、お客様にはかなりのご負担となってしまいます。

 

研ぎ代に10万円掛かった短刀であれば、買取り金額が10万円以上になると思われて当然ですが、もともとの刀身自体の価格が安いもの、傷のあるものなどはいくら研いでも研ぎ代金にもならない場合があるのです。ですから錆びのある刀を売りたいとご希望のお客様へは、研がずにそのままお持ち下さいとお奨めしています。

 

※刀を鑑定機関に出す場合も、錆びた刀は鑑定を断られてしまうケースが多くあります。その理由は地鉄(刀身の表面の文様)が見えない、刃紋(焼入れをすることで刀身に生じた文様)が見えない、刃に刃切れ(刃の傷)があるかも知れないと思われてしまうからなのです。

 

ですので、私たちがお買取する場合、錆び刀はどうしても研磨代金を差し引いた金額でお買取することになります。

 

しかしご安心下さい。どんなに錆びていても、再生可能な刀でしたら私どもは全てお買取いたします。

 

一旦錆が出ますと、急速に進行してどんどん深い錆になります。そうしますと査定金額も下がってしまいます。もしお手元に錆び刀があるようでしたら、どうぞお早めに当店にお持込みいただきますようお願いします。お待ちしております。

鑑定書について

はじめに、鑑定書と登録証は違うものですから、そこからご説明致します。
登録証は、前回説明しました通り、教育委員会発行の小さい書類です。
一方鑑定書は、各鑑定機関が現物を精査し、銘が正真であるか否か、また無銘の場合は時代作者を推定し発行する証書です。証書の種類によっては、刀の出来や保存状態、学術的・美術的価値の高さが評価されるものもあります

 

代表的なものは、公益財団法人日本美術刀剣保存協会が発行する証書です。証書としては、保存刀剣鑑定書、特別保存刀剣鑑定書、重要刀剣指定書、特別重要刀剣指定書の4種が発行されています。但し、同協会が昭和期に発行した貴重刀剣認定書、特別貴重刀剣認定書、甲種特別貴重刀剣認定書は、現在では再審査が必要で真偽を確証するものではありません。
またこれらの他に、日本刀剣保存会の鑑定書、法人美術刀剣鑑定倶楽部の鑑定書、そして個人では藤代松雄氏や得能一男氏の鑑定書などがあります。

登録証について

刀剣の所持・売却には「銃砲刀剣類登録証」が必要です。

 

一般に登録証と呼んでいますが、正式な名称は「銃砲刀剣類登録証」です。
この登録証は、銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)により定義されている「美術品として価値のある刀剣類(刃渡り15cm以上の刀、槍及び薙刀、刃渡り5.5cm以上の剣、合口)」または「美術品若しくは骨董品として価値のある火縄式銃砲等の古式銃砲」に対して、各都道府県教育委員会が鑑定し、交付されます。
持つ人の資格が問われる猟銃などの「所持の許可」とは異なり、刀や火縄銃の戸籍のようなものですので、どなたでも所有する事ができます。
大きさはハガキよりも少し小さいもの、若しくは半分くらいの大きさで、鑑定書とは別物です。

 

お売りになる際は、登録証がついているかをまずはご確認ください。お買取りには登録証が必ず必要で、交付を受けていない刀剣の売買はできませんのでご注意ください。
また、持込買取をされる際は、登録証のない刀剣類及び古式銃砲を持ち歩く事は違法となりますので、登録証はコピーではなく必ず現物を一緒に持ち運んで下さい。宅配買取の場合も同様に、登録証の現物を一緒にお送りください。

当店ならではの安全・安心な買取について

刀の売却は、信頼と安心の当店にお任せ下さい。

 

まず安全であること
刀の運搬が怖くて心配なお客様はご安心下さい。当店は、日本で一番交通至便な東京 銀座に店舗を構えています。
例えば、人気の無い道を女性一人で刀を持って歩くのは不安なことと思います。
弊社は駅のすぐそばのショッピングアーケード内に店舗がございますので、常に人の目が有り、お一人でも安心して刀をお持ち込みいただけます。

 

次に信頼できること

弊社は個人で運営している信用度が低いお店や無店舗のオンラインショップではございません。
また、弊社はきちんとした会社が運営するお店であることを皆様に知っていただきたいと思います。
銀座刀剣流通センターのウェブサイトのドメインの「co.jp」は日本国内に登記のある企業が一組織一ドメインしか登録できないもので、国内の一部上場企業の98%が使用していることからもお判り頂けるように信頼の置けるものです。
「com」・「net」・「jp」などのドメインで運用する個人サイトとは信用度が大きく異なります。

 

もちろん秘密は厳守
秘密厳守にて対応いたします。相続査定もお任せください。

 

弊社は皆様に信頼され愛されるお店を目指し、社員一同日々努力しております。
日本刀、武具類、古式銃を売却する際には、是非弊社をご利用下さい。

買取り対象商品について

当店では刀剣類はどのような状態のものでもお買取りさせて頂いてます。
刀剣は、錆びているものや、傷のあるもの、拵や柄が壊れているもの、鞘がないもの、軍刀など、登録証がきちんと交付されているものであれば、全てお買取り可能です。
また、鍔、目貫、小柄、笄、縁頭などの刀装具や、拵、甲冑、火縄銃などもお買取り致します。
(※模造刀や書籍、登録証が交付されていない刀剣類は買取りできません。)

 

大切な日本刀、古式銃、武具類を売却するにあたり、銀座に店舗を持つ当店ならではの安心・安全なお買取りをご提案させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

TEL 03 – 3558 – 8001

1 / 612345...最後 »
ページトップへ戻る